ソフトバンク 携帯料金2年縛り 廃止

携帯電話を契約すると、ドコモ、au、ソフトバンクの3社は2年以内の解約はできない、解約しようとすると違約金がとられる仕組みでした。最低2年は使用しなければならなりませんでした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000608-san-bus_all

今回、ソフトバンクが2年契約の途中で解約する際の違約金の上限が1000円となる新ルールが導入されるためだそうです。すべての料金プランで期間を定めず、月額料金を払えば、利用者はいつでも違約金ゼロで契約を解除できるようになるようです。2年縛りの廃止に伴う通信料金の値上げもしない見込みです。

これによってドコモ、auも導入するのではないでしょうか?Wifiもそうですが、2年縛りなどで顧客お囲い込む戦略でしたが、競争が激しくなり、利用者にとってはメリットが広がってくるものと思います。日本は寡占事業が多く、まだ諸外国と比べると通信料金は日本は料金が高いと思います。こうした競争で利用者メリットが出るといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です