トランプ大統領のツイート

今日の為替は106円台後半までいきました。参議院選挙後で金融緩和も抑え気味の傾向になるだろうと思ってました。また、トランプ大統領のTwitterの発言で金融市場に大きな影響をもたらし、昨日のNYダウも開始直後から大きく上昇スタートしたと思ったら、中国への関税を発動するというTweetから一気に下落しました。終値では280ドル値下がりしました。

米国株価は上昇と下落の繰り返しが続いていくのではと思います。来年の大統領選挙でトランプ大統領が再選されると中国への関税、北朝鮮の問題など大きくなっていくのではと思います。日本も貿易のターゲットにされるかもしれません。

トランプ大統領、イギリスのポリス・ジョンソン首相などグローバリズムとは真逆の人がリーダーとなり、経済動向は気になるところです。

一喜一憂せずトランプ大統領の発言に注視していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です