上海のローカルフード 焼き小籠包

久しぶりに小籠包が食べたくなり、雨の中外出しました。今日の天気はあいにくの雨が降ったり、やんだりの繰り返しでした。生煎(shēng jiān)焼き小龍包と書きます。

小籠包は蒸籠で蒸したもの以外に大きな鍋に油を敷いて焼いた焼き小籠包もあります。有名なところは豫園などにいくと店舗がひしめきあっています。自分がよく行くのは小楊生煎です。

https://www.shanghainavi.com/food/398/

ここは町のあちこちに店舗があり、気軽にお店に入れてすぐに出てくるところが好きです。ファーストフード感覚です。中は熱々で気を付けないと舌をやけどしてしまいます。

表面はこんがり、中は肉汁でじゅわーと熱々 これが上海のThe小籠包と感じます。上海にいるうちは、欠かさず食べたいものの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です