上海の水事情

日本にいたころは普通に水道水を飲んだり、料理に使うことができます。海外に出るとほとんどが水道数を飲料として利用することがほとんどできないのが実情です。

住まいにウォーターサーバーを入れて対応し、飲料水、食事用として使うことがほとんどです。ミネラルウォーターを購入するのが当たり前となります。水道水がそのまま飲料水にできる日本は、本当にすごいと今更ながら思います。上海の水は昔に比べるときれいになってきているようですが、マンションや場所によっては黄色の水がでてきたりするなどあるようです。

アクアなどの浄水器を設置するところもあります。飲食店はアクアを導入することが多いようです。安心はできると思います。

自分も飲料、料理はミネラルウォーターで歯磨きの口濯ぎのみ水道水を使っています。人によって慣れるまではミネラルウォーターで対応したほうが良いと思います。

特に赴任したては慣れない仕事、環境、生活など色々なストレスを抱え、体が弱ります。そうした中で水や食べ物で体を壊すこともよくあります。これから夏にかけて食中毒などありますので、スーパーのお弁当、総菜は注意して購入しないといけない時期です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です