上海ガニの季節

上海ガニを食べに行ってきました。中国では「上海蟹」ではなく「大闸蟹(ダージャーシエ)」と呼ばれるそうです。

蘇州近くにある陽澄湖で採れる上海ガニが有名です。大きさは日本の蟹ほど大きくはなく(10cm程度)、カニの身よりも主にカニみそを楽しむ食べ物です。中国では「九雌十雄(旧暦9月のメス、10月のオス)」と言われ、10月頃には濃厚な黄色の卵が詰まったメスが、11月頃には白子がいっぱいのオスが美味しいとされています。

今回食べたのはオスです。非常においしかったです。基本はカニみそを食べる感じでした。お店によってまちまちですが、大体300元で食べることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です