役員クラス経験者の年金事情

先週から日本の本社から役員が出張し、昨日はその方とゴルフをしてきました。その役員の方との食事の席での話、年金の話題へ話が進みました。

役員の方が言うには、取締役員を経験された方の年金受給額は約22万円くらいとのことです。イメージとしてはもっともらっているイメージでしたが、意外と少ないと感じました。私みたいな平社員にはかなり少ない単位の受給額が想像されるため、それに比べたら3~4倍違い、年金プラス会社からのストックオプションの配当、現役時代に稼いだお金をプラスすれば悠々自適の生活ができていることになります。今年の6月末で取締役会長が退任され、その方とゴルフをしたときに出た話題だそうです。

今後自分たちが受給する年金はなくならないにしてもかなり少ない金額となることは容易に想像できます。そのことに備えて投資で運用するなどをしないと貯金だけではインフレリスクなどで生活は賄いきれないと考えます。

この話を聞いて改めて資産運用の大切さを痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です