日本の年金制度が崩壊するのか?

先日、金融庁より発表のあった老後資金が2000万について改めて年金制度がどうなっているのか気になり調べてみました。日本の年金制度が崩壊するのではと心配になったことからです。

自分の結論は年金制度は崩壊しない、ただし、今の受給者の人と比べる支給金額、至急開始年齢など変更が出てくると思うので万が一病気で働けなくなるリスクに備えて貯蓄は必要では考えました。

年金の財源は現役世代が支払う保険料、消費税などの税金の2つから支給されています。自分も知っているようで知らなかった部分でした。

現役世代の保険料は会社勤めをしていれば給与から強制的に天引きされます。税金も物の購入をするときに必ず支払います。年間の収入は52兆円 保険料が32兆円、税金が20兆円あり、この中で賄われています。もしこれだけで不足となるとGPIFが運用する積立金があり、不足の場合はこの中から支払われる準備をしています。現時点では保険料、税金で対応できています。

年金の崩壊は保険料を支払わない、税金を支払わない、GPIFの積立金の枯渇がないかぎり崩壊しないではと考えました。

情報の信ぴょう性を調査せず、何も考えないで民間の金融機関の勧誘に引っ掛かり不利な金融商品に加入することなどを避けないといけない、今後、自分の頭で考え、行動することが重要になると改めて考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です