日銀委員のあるコメント

先日某外資系の終身保険の解約を行いました。友人に勧められるがまま加入して6年、その友人も保険会社を退職、後任の方が担当となり思い切って解約を申し出ました。理由は生活の状況を理由にして何とか解約にこぎつけました。

そんな中先月日銀で行われた金融政策決定会合の中である委員がマイナス圏で推移を続ける長期金利が長期間継続した場合、終身保険や年金保険などを提供することが困難になり、「生命保険業界としての社会的使命を果たせなくなる可能性がある」と表明した人がいたとのことです。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-11/Q0MRQJDWLU6J01

保険の意味を改めて考えると万が一があった時にみんなで寄せ集めた掛け金の中から被害にあわれた方の生活再建のための保証を行うものと認識しています。お金の運用であれば保険でなく、ネット証券からいい商品を見つけて毎月投資していくほうが有益だと考えました。それで保険を解約できました。

この記事を見て保険は掛け捨ての保険にとどめ、投資運用は株式で運用するのが一番と思いました。株式はタイミングも見ないといけない為、慎重になるにこしたことがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です