退職後の年金

昨日引退した元役員の年金事情について記載しました。年金事情について調べてました。

https://president.jp/articles/-/25800

企業を退職すると退職金が支払われます。退職金制度はあるところ、ないところがあり会社によってまちまちです。人事院の調査(2017年4月)によると定年退職者全体の平均退職金は約2460万円(勤続38年)だそうです。内訳は退職一時金が1006万円、企業年金が1454万円です。従業員1000人以上になると退職金約3060万円となります。内訳は退職一時金が約1008万円、企業年金が2052万円になるそうです。一方、100~499人の企業は一時金818万円、企業年金842万円の計約1660万円と大企業と1000万円超の格差があります。

企業年金の有無によって退職後の生活も変わってきます。年金基金の解散で確定拠出型年金へ移行しており、運用によっては受給額が大きくことなります。一般社員で平均12万円、部長職以上で平均20万円とありますのでその差が今後広がるのも想像できます。自分たちの年金はイメージわきませんが、無駄な保険に加入するのをやめて投資などの資産運用がますます重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です