LINEの新機能について

金曜日にLINEの新機能のひとつLINEスコアについて紹介しました。その他にも15機能の紹介がされています。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1193215.html

LINEスタンプのサブスクリプション月額240円 学生であれば月額120円へ引き下げるそうです。学生さんには人気が出そうですね。金融領域では、LINE証券が1株から気軽に購入できるようになるようです。

LINEカーナビも今後注目したい機能の一つです。カーナビがスマホで簡単にできるようになり便利になりそうです。検索サービスに再度参入することも驚きでした。yahoo、Googleとどんな差別化を図っていくか、興味を持ちました。

LINEは幅広い世代に普及しており、サービスが拡大することでAIによる機能が拡大し、スマホがIDの代わりになる日が近づいていると感じます。

中国の郵便局

中国から海外へ書類や物を発送する際にEMS、OCSなどを利用することが多いです。自分も香港へ書類を発送する用事があり、郵便局からEMSを発送しました。

郵便局でEMSと話すと伝票を渡してくれます。それに住所を記載します。海外へ発送する際はパスポートが必須となります。

お兄さんに渡すとPCに必要事項を入力して手続きを完了してくれます。代金は120元(約1800円)でした。国際便のため、そんなものかと思います。

LINEの新しいサービス

中国ではインターネット通信の制限でLINEを使うことはできません。その代わり中国独自のSNS Wechatを使っています。

昨日LINEより新たな機能が追加され、発表されたようです。その中で気になったのがLINEスコアと呼ばれる機能です。これはLINEのプラットフォーム上のビッグデータを活用し、また、利用時にユーザーが入力する属性等の十数個の情報を掛け合わせ、スコアを算出するものだそうです。

算出されたスコアに応じて受けられるサービスに差が出るとのことです。中国では信用スコアと呼ばれるものがあり、クレジットカードの引き落としの遅延、違反金の未納があると航空券が購入できない、高速鉄道のチケットが購入できないなど個人のスコアが低いと受けられるサービスに制限があるそうです。

個人にスコアが割り振られ、それによって生活に影響がでるような仕組みとなっており、似たようなことが日本に導入されたらどうなるのか、このLINEスコアが今後どのように人々の生活をよりよくするのか注視してみたいと思います。

銀行口座を持つならどこがおすすめか?

日本の銀行口座の話になります。自分は現在日本に複数の口座をもって投資用、貯蓄用、引き落とし用と分けております。これは1つの口座にまとめると効率よいように思ったのですが、引き落としとプライベート用のお金の境界が難しくなり、分けたほうが管理しやすいと思ったことから分け始めました。人によっては1つに集約も全然問題ないと思います。自分は難しかったです。

自分は開設したのは住信SBI銀行、楽天銀行を開設しています。都市銀行や他の銀行と違いコンビニの引き下ろし手数料が無料(回数制限あり)があることや都市銀行に預けてある程度の残高が貯まると金融商品の勧誘などがしつこくあるのですが、ネット銀行にはそれがないことでした。

楽天銀行の場合には、楽天ポイントもかなり魅力的だと思います。もし、初めて銀行口座開設であれば、住信SBIや楽天がおすすめです。

運動不足について

海外に駐在すると車での移動がメインとなり運動不足になりがちです。休日になるべく外に出歩いてウォーキングやランニングを行う生活をしております。

初めて来たときは、生活に慣れるのに精一杯で休日はだらだらする生活が続いていました。ただ、外食が増え食生活の乱れがみられ、体重が増加してきたことからこれはまずいと感じ運動を始めました。

上海には日本人の集まる同好会、運動部など多くあります。そこまで参加するまでには至りませんが、土日は自分のペースで運動量を増やして体力維持に努めていこうと思います。

高島屋 上海撤退

今日のヤフーのニュースで高島屋が上海から撤退、閉店するニュースを目にしました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00891136-wwdjapan-bus_all

ほとんどの売り場はがらがらで利用するのは最上階にあるレストランくらいでした。とんかつ屋さん、蕎麦屋の紋米衛などを利用させていただいていました。

古北在住の方には重宝されていたと思います。2か月後の8月末に閉店とあり、何度か行ってみたいと思います。日本食屋さんで食事をしていると他社の駐在員さんが景気の悪い話が話題として出てくるようになった気がします。米中貿易戦争、イラン問題、日本では円高、消費税など世界中で景気の波が悪いほうに向かっている気がします。

経済動向も注視しつつ、業務の変化に敏感になっていかないとと思います。

上海にあるダイソー

上海には日本に必ずある100円ショップダイソーがあります。赴任したての頃はダイソーがあることもわからず、日本から大量にハンドキャリーして持ってきました。ここを教えてもらってから日本から持ってくることはなくなりました。

こちらでは100円のものは10元(約160円)で売られています。

日本で売られているものがそのまま売られています。ちょっとしたものをそろえたいと思った時には非常に便利で重宝します。ここはAPITAのお店です。他には古北の高島屋にも店舗があります。

上海 蝶マッサージ

休日になると1週間の疲れがどっと溜まります。仕事のこと、付き合いのこと、日本に残した家族のことなど考えることが多くあります。ストレスの解消の一つにマッサージに行って1週間の疲れをとるようにしています。

よく行くマッサージ屋さんの一つ蝶マッサージに行ってきました。

現時点の価格です。

日本人、欧米人も多く来るため休日は事前に電話予約しないといきなり言っても数時間待たされることがあります。

蝶マッサージ  中山公園店 汇川路88弄(近長寧路) +86(21)-5273-5525    

                      淮海路店 吴兴路29号(近淮海路) +86(21)-6466-5882

ドリアンのにおい

上海だけではありませんが、中国のスーパーに入ると独特のにおいがします。それはドリアンです。

写真はタイ産ですが、スーパーや果物屋さんにはドリアンが多く並んでいます。近づくと独特のにおいがして苦手な人にはきついです。自分も慣れない頃は気分が悪く、すぐに買い物を済ませて出るようにしていました。

好きな人にはたまらなくおいしいようです。その他にはスイカも沢山並びます。甘くて非常においしいです。日本ではにおいの問題で見かけませんが、中国ではこの時期多くみかけることができる果物の一つです。

世界最速 リニアモーターカー

上海には地下鉄、タクシー、公共バスなど多くの交通機関が発達しています。その中で珍しいのがリニアモーターカーです。

浦東国際空港~龍陽路(ロンヤンルー)の間を結ぶリニアモーターカーは日本で乗ることができない乗り物の一つです。最高時速430Km 普段は300Km前後で走行することが多いです。約8分の乗車時間です。 片道50元です。

リニアモーターカーは和製英語で英語ではMaglev(マグレブ)よいう呼び方が標準となっているようです。上海にお越しの際は是非乗ってみると面白いと思います。難点は上海中心部まで直接行くことができず、地下鉄乗り換えが必要ということです。