VPNのつながりについて

今週末上海市で第二回の輸入博覧会が開催されます。国家主席様も来海される影響か、最近、インターネットがつながりにくくなっている状態です。

業者は新たな設備の増設を行ったりの対応はしますが、なかなかつながりは回復しません。そういった時は読書や中国語の勉強などネットから離れての勉強をします。ネットのない世界は厳しいのですが、色々な考えを張り巡らせながら静かな環境で集中できるのがいいです。

早朝はつながっている為、ネットで必要な仕事は早朝に行う、今は早寝早起きを実践中です。

中国の教育について

先日、中国人のスタッフと一緒に出張しました。出張中はお互いにPCを開いて仕事を始めました。日本でもある光景です。 ところが、仕事を手際よく終えると、SNSで送られてきたお子さんの宿題の採点をはじめました。 採点を終え、正解を記し、なぜ、そのようになるのかの丁寧な説明を書いて返信して完了。
スタッフがいうには、学校の先生は、宿題を出すだけで、教えてくれないそうです。

親が教えなければ、高い月謝を払って補習塾に通わせないと、子供は落ちこぼれるそうです。 学校の先生に文句を言うと、「自分の子供1人、教えられなくて、どうするんですか?」と逆ギレされるか、 あるいは、学校の先生が副業にしている補習塾にいらっしゃいと、コマーシャルを始めそうです。
もちろん、まともな学校もありますが、その学区は、高級住宅地で家賃も高く済むことができない。 毎月1万元の追加料金を払えば、学区外から通うこともできるが、そんなカネもない。 だから、両親が手分けして教えるしかないのだそうです。

それを聞いたとき日本の教育はまだ恵まれている、教育の格差は非常に大きいと感じました。



スーパー マルシェ 上海

上海の買い物は外資系のカルフール、日系のAPITA、それ以外は日本食を扱うマルシェ、新鮮館に行くことが多いです。今日の夕食の買い出しは芙蓉江路にあるマルシェに行ってきました。

お店には、日本食材、お弁当、冷凍食品、お肉、お魚、パン、文房具、クリーニングなどある程度揃っています。

上海に駐在する多くのご家族の方に利用されています。

本日の買い物は野菜鍋セット、冷凍の焼き鳥セット、冷凍の小籠包を購入しました。また明日から仕事頑張ります。

點點心 (Dim Dim Shu)上海

今日の夕食は南京西路の818ビル5Fにある點點心へ行ってきました。香港に遊びに行ったときに気軽に安くて美味しい飲茶が食べられたので気になって行ってみました。

オーダーはメニュー表にチェックを入れ、オーダーを頼みます。香港のお店は日本語で書かれたメニュー表もありました。上海のお店はありませんでした。

福州炒飯を頼みました。しかし、ご飯が固く、あんもいまいち、河洪記の福州炒飯がおいしいと思いました。

蝦蒸し餃子は普通に美味しかったです。

小籠包、カニの卵がのったシュウマイです。味は香港のほうがおいしい気がしました。期待していたのですが、いまいちでした。河洪記が今のところおいしいかなと思います。

北京ダック 上海 全聚徳

今日は本社から出張者が来海したため、歓迎の意味を込めて北京ダックを食べに全聚徳へ行ってきました。

ここは北京ダックのチェーン店で日本では銀座、六本木、新宿にあります。

これはワンタンを餃子風に焼き上げたものです。

空心菜、チャーハン、カニみそを使ったスープを頼みました。そして最後は北京ダックです。

北京ダックはテーブルまで運んできてその場で切ってくれます。非常に美味しくいただきました。

http://www.quanjude.com.cn/firstPage/loginFirst.do

中途採用の活性化

トヨタ自動車など多くの企業で新卒以外に中途採用を活性化させる動きが出てきました。自分が就職したころは2004年と就職が厳しく、中途採用はあまり積極的に行う企業は少なかったように思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00010002-wordleaf-bus_all

異業種からの参入、新たな分野への進出、企業買収など時間をかけて事業を一から育てるのでは時間が間に合わない、その間にライバルに先を越されるなどの競争社会にあります。こうした異業種での経験を自社に取り込んで新たな事業を短期間に興していくことが盛んになると思います。

今の仕事だけでなく業界の立ち位置、今後の将来性を全体で見ていき、自分の進むべき道を決めていくことが重要になると感じました。

大手企業の人員削減

今年に入って大手企業の人員削減の波が大きく取り上げられ、40代以上で人員削減された人が1万人を超えたという記事をみました。

東京商工リサーチが大規模な早期退職者募集を行う企業の状況を発表していますが、2019年の上場企業の早期退職や希望退職の対象が9月末時点で既に27社・計1万342人を超えたことを発表しています。

これはリーマンショック以来とのことで黒字企業であっても体力のあるうちに削減を行って次に備えたりしているようです。

新卒で入社したとしても定年までは勤めることができず、転職、副業、企業などキャリアの見直しが必ずやってくる、それに備えて常に行動していかないと立ちいかなくなる。これが迫っていると日々感じます。

自分自身もキャリアの棚卸、副業の模索などできることからしていかないとと日々考える毎日です。

HSBC クレジットカード申し込み断られる

9月に香港へ行った際にHSBC香港へ行ってきました。口座は5年前に開設を行ったものです。口座にお金の入金を行う為窓口で手続きを行ったところ行員の方からクレジットカードの申し込みをしてみないかといわれ、手続きを行いました。今日その結果が届きました。

残念ながら承認されませんでした。日本非居住者で上海にいることから可能かなとちょっと期待してました。理由は香港に在住していないこと香港で仕事を行って給与を得ていないことが理由として記されていました。香港の口座開設業者の中には強力なコネで開設できる人もいるようです。実際は厳しいようです。

2回目 何洪記

1回目に行った広東料理の何洪記が気に入ってしまい、2回目の食事に行ってきました。30分順番待ちをして入店しました。

オーダーしたのは福州炒飯、牛肉入り麺、タケノコと牛肉の団子です。

今日は少し違うものを頼みました。福州炒飯は必ずオーダーしますが、ワンタンメンを牛肉入り麺にして、タケノコの牛肉団子は酢につけて食べると非常に美味しかったです。昔広東省に駐在していた時に香港などでよく食べた懐かしの味でした。

他にもおかゆのメニューなどもあり、次回入店の時にチャレンジしていきたいと思います。

上海のタクシー

上海ではタクシーが多く走っており、市民の足として活躍しています。自分もよく利用しています。ただ、日本のようにワンメーターは乗車拒否をくらうことがときたまあります。

昔、初めて中国広東省にに赴任直後、先輩がタクシーで運賃をふっかけられてキレていました。聞いてみると当時の金額で10元(120円程度)でした。。どうしてそんなに怒っているのか 恐る恐る理由を聞いてみると「額の問題じゃない。俺が120円許せば、これから来る多くの日本人が同様にふっかけられる。それが当たり前になることが我慢ならない」というのことでした。

この前虹橋空港から自宅へ帰る為、タクシーにのってたらメーターもおろさず、いきなり150元といわれました。通常の値段は35元くらいです。自分もなめられてたまるかとメーターをおろすよう催促しましたが、おろさず、怒っておりました。その時に当時の先輩のことを思い出し、ダメなものだめとはっきり伝えることが大事だと思いだした次第です。