紋兵衛ランチ

健康診断が終了して受付をすると紋兵衛の55元ランチ券もしくは太陽広場の中にあるレストランでの50元ランチ券をいただくことができます。紋兵衛のランチ券をいただき、早速食事をしてきました。

ここのランチはうどんかそばから1品と丼物から1品選び、55元~100元の間となります。選ぶものによって値段はまちまちの為、お刺身どんぶりを頼むと100元近く行ってしまいます。今日はかき揚げそばととろろ丼にしました。(75元)空腹の後なのでとてもおいしかったです。

上海にある吉野家メニュー

上海で牛丼屋さんというとすきやが多く、吉野家はあまり多く店舗を見かけません。たまたま上海南駅の構内に吉野家があり、どんなメニューがあるか見てみました。

メニューはこんな感じです。

日本と同じメニューやかつのようなメニューなどオリジナルも見ることができます。以前牛丼を食してみましたが、ほぼ日本と同じ味でした。再度チャレンジしていきたいと思います。

査餐庁 思南路店

昨日は香港料理が無性に食べたくなり、以前人に教えていただいたお店に行くことにしました。

このお店はCNNなどの評価も受けたお店はいつも行列を作っています。

香港料理ということで出前一丁を使ったやきそば、チャーハン、麺などありますが、木野はバターを挟んだメロンパン、XO醤海鮮炒飯をオーダーしました。

XO醤炒飯(50元)は非常にお勧めです。ごはんを一回あげており、パラッパらの食感、エビ、白身魚が入っており、ちょっとピリ辛の味付けが癖になります。店の雰囲気も大変よく気に入りました。1人くらいであれば相席になりますが、すぐに入れます。

點點心 (Dim Dim Shu)上海

今日の夕食は南京西路の818ビル5Fにある點點心へ行ってきました。香港に遊びに行ったときに気軽に安くて美味しい飲茶が食べられたので気になって行ってみました。

オーダーはメニュー表にチェックを入れ、オーダーを頼みます。香港のお店は日本語で書かれたメニュー表もありました。上海のお店はありませんでした。

福州炒飯を頼みました。しかし、ご飯が固く、あんもいまいち、河洪記の福州炒飯がおいしいと思いました。

蝦蒸し餃子は普通に美味しかったです。

小籠包、カニの卵がのったシュウマイです。味は香港のほうがおいしい気がしました。期待していたのですが、いまいちでした。河洪記が今のところおいしいかなと思います。

北京ダック 上海 全聚徳

今日は本社から出張者が来海したため、歓迎の意味を込めて北京ダックを食べに全聚徳へ行ってきました。

ここは北京ダックのチェーン店で日本では銀座、六本木、新宿にあります。

これはワンタンを餃子風に焼き上げたものです。

空心菜、チャーハン、カニみそを使ったスープを頼みました。そして最後は北京ダックです。

北京ダックはテーブルまで運んできてその場で切ってくれます。非常に美味しくいただきました。

http://www.quanjude.com.cn/firstPage/loginFirst.do

2回目 何洪記

1回目に行った広東料理の何洪記が気に入ってしまい、2回目の食事に行ってきました。30分順番待ちをして入店しました。

オーダーしたのは福州炒飯、牛肉入り麺、タケノコと牛肉の団子です。

今日は少し違うものを頼みました。福州炒飯は必ずオーダーしますが、ワンタンメンを牛肉入り麺にして、タケノコの牛肉団子は酢につけて食べると非常に美味しかったです。昔広東省に駐在していた時に香港などでよく食べた懐かしの味でした。

他にもおかゆのメニューなどもあり、次回入店の時にチャレンジしていきたいと思います。

広東料理 何洪記 南京西路

今日は久しぶりにランチの食べに出かけてきました。会社の人から教えてもらったお店です。台湾の店舗ではミシュラン1つ星を獲得しているそうですが、上海店はミシュランがあるかわかっておりません。

オーダーしたのはエビワンタン麺(Sサイズ32元)、福州炒飯(85元)、エビの入った蒸し餃子(35元)です。

お気に入りは福州炒飯です。高めですが、卵と炒めたご飯の上にのっているあんかけが非常に美味しかったです。上海に来る前は広東省に駐在していたこともあり、無性に広東料理が食べたくなり行きました。味もよく非常に良かったのでまたリピートして通いたいと思います。

上海 居酒屋「おれ」

今日は威寧路×茅台路にある居酒屋「おれ」で食事をしてきました。

ここのビールは日本で飲むビールと同様味が濃く、非常においしいです。現地のスーパードライ、一番搾りは現地の仕様に合わせてアルコール度数が低く、日本から出張に来られた方が飲むと物足りないとよく言われます。

テーブルにはお万菜のように煮物、魚などが載っており、どれも食欲をそそります。値段はちょっと高めですが、日本の本場の味が楽しめるだけあって日本の駐在員の方が多く利用されます。このお店のママさん元フライトアテンダント出身の方で非常に気配りのきいたおもてなしをしていただけます。従業員さんの教育もしっかりされており、値段は高くても通いたくなるお店です。

上海 富春小籠

今日は小籠包が食べたくなり、地元の人がお勧めする富春小籠に行ってきました。場所は地下鉄2号線と11号線の江蘇路駅2番出口を出て愚園路を東(出口を出て左)へ進みます。鎮寧路を過ぎると左側にあります。

お店に入ってレジがあり、そこでメニュー告げて会計を行います。レシートを受け取り、空いている席に座ります。

チャーハンはしっとりしておいしかったです。

小籠包は肉汁たっぷりで非常においしかったです。カニみその小籠包もあります。お値段28元

お昼時は多くの列でごった返すそうです。席は基本相席です。ゆっくり食べる感じではありません。しかし、味はおいしく、値段も安いのでおすすめです。

上海のローカルフード 焼き小籠包

久しぶりに小籠包が食べたくなり、雨の中外出しました。今日の天気はあいにくの雨が降ったり、やんだりの繰り返しでした。生煎(shēng jiān)焼き小龍包と書きます。

小籠包は蒸籠で蒸したもの以外に大きな鍋に油を敷いて焼いた焼き小籠包もあります。有名なところは豫園などにいくと店舗がひしめきあっています。自分がよく行くのは小楊生煎です。

https://www.shanghainavi.com/food/398/

ここは町のあちこちに店舗があり、気軽にお店に入れてすぐに出てくるところが好きです。ファーストフード感覚です。中は熱々で気を付けないと舌をやけどしてしまいます。

表面はこんがり、中は肉汁でじゅわーと熱々 これが上海のThe小籠包と感じます。上海にいるうちは、欠かさず食べたいものの一つです。